メーカーごとの特徴と対応可能な範囲

理想の住宅を建てるなら自由設計の業者を

マイホームを購入する場合、注文住宅にするか、それとも建売住宅にするか、という選択肢があります。自分達の理想の家を実現したいなら、迷わず注文住宅を選ぶところですが、注文住宅にも種類があることをご存知でしょうか。それは自由設計と規格住宅です。自由設計は施工主の希望に合わせて一から設計をしていくもので、世界のどこにもない自分達だけの家を実現することができます。一方、規格住宅はあらかじめ用意されたパーツを組み立てる方式の住宅で、間取りや建具選びなどに若干の自由度はあるものの、基本的にはメーカーがあらかじめ設計した通りの家が出来上がります。規格住宅を自由設計と勘違いしてしまうケースも少なくありません。理想の家を建てるなら、まずは自由設計に対応している業者を選ぶのが第一歩となります。

オーダーメイドにこだわるなら設計事務所が最適

次に自由設計に対応している業者をピックアップし、その中から最も自分達の願いをかなえてくれそうな業者を絞り込んでいきます。全国展開している大手ハウスメーカーが手がけているのは規格住宅で、自由設計には対応していません。自由設計で理想の家を建てるなら地域密着型の工務店、または設計事務所ということになります。工務店は設計から施工、アフターサービスまで一貫して引き受けてくれる安心感がありますが、設計力やデザイン力は業者によってバラつきがあるので自分の意をくんでくれるところを選ぶことが重要です。設計事務所は設計のプロなので、オーダーメイドの家を依頼するには最適でしょう。ただし設計監理料という費用が別途必要になりますので、予算に合わせて選ぶことが大切です。

注文住宅と違って分譲住宅はすでに出来上がっている住宅を自分の目で確かめて買うことができます。コストも抑えられ、注文住宅に比べて相場は安いです。

家は人生で一番高い買い物と言われています。せっかく家を建てるなら、自分のイメージ通りの家を建てたいもの。それには注文住宅がベストです。このコラムでは注文住宅のメリットと、費用を抑えるポイントを紹介していきます。