セミオーダーのメリットデメリット

セミオーダーを選ぶメリット

セミオーダーの住宅は注文住宅と建売住宅の中間の特徴を持った住宅で、ある程度決まった規格を自由に組み合わせてデザインできる住宅です。一から自由にデザインしていく注文住宅と比べてコスト的に安く済みますし、ある程度決まった規格を組み合わせるので間取りやデザインを決めやすいです。その上で間取りやデザインを完全に出来上がった物の中から選ぶのではなく、自由に選択できるメリットがあります。
セミオーダー住宅を扱っているメーカーは特定の建材会社だけでなく、複数の建材会社と取引のあるメーカーが多いです。その為セミオーダー住宅では多くの建材会社の材料の中からその住宅にあった建材を選ぶ事ができるのも大きなメリットです。

セミオーダー住宅のリスクや注意点

セミオーダー住宅では決められた規格を自由に選んで住宅を作れるので、間取りやデザインをある程度自由に決められます。しかし構造や性能といった基本的な仕様は変更する事ができません。構造や性能にも細かいこだわりがある場合はセミオーダーの住宅を購入するか良く検討するべきです。自由に間取りやデザインを決められるセミオーダーの住宅ですが、狭い土地や高低差の激しい土地だと対応できないケースがあるので土地選びには注意しないといけません。
セミオーダーの住宅は決まった規格を組み合わせて作りますが、検討して選択するべき項目は非常に多いです。一から自由にデザインする注文住宅と比べても大差がないくらいに時間や手間が必要です。

南側に広く庭を配した一戸建ては、晴れの日に陽射しが部屋やリビングの奥まで注がれるので、自然光の中で暮らせる喜びがあります。

家は人生で一番高い買い物と言われています。せっかく家を建てるなら、自分のイメージ通りの家を建てたいもの。それには注文住宅がベストです。このコラムでは注文住宅のメリットと、費用を抑えるポイントを紹介していきます。