フルオーダーのメリットデメリット

夢のマイホームが現実に

自分が夢見る家と言うものを、だれでも持っているのではないでしょうか。そんな夢を叶えてくれるのが、注文住宅のフルオーダーです。土地さえあれば、どんな形でも色でもお好みのものにできます。これが最大のメリットと言えるでしょう。和風から洋風まで理想の家が作れます。最近では北欧風の家というのも流行ってきています。シンプルながらもどこかカワイらしいそんな雰囲気を持った家です。 フルオーダーをすることの他のメリットは、建築会社とよく話し合って外観や内装を細かく決めていくので、でき上がってみたら想像と違っていたという心配はありません。長期にわたり関わっていくので、自分が信頼できると思った会社を選ぶことが大切です。

全て自分で選ばなくてはいけない

夢のマイホームと聞くといいことしか思い浮かびませんが、現実では建てるまでに様々な苦労があります。フルオーダーで建てるときには自分がしたいことを明確にしておかなくてはいけません。間取りも家事の動線を考え一つ一つ決めていきます。
そして一番大変なことが、なんでも自分で選択しなくてはいけないという事です。外観や内装の大まかなイメージを決めるという簡単な話ではなく、キッチンの種類、トイレの種類、床の材質、電気の位置…など例を出したら切りがありません。その一つ一つをすべて自分で決めなくてはいけないのです。頭の中で考えているだけではわからないので、メーカー全てを見学に行き、各商品の特徴を学びその上で自分の生活にはどれを選択することが一番いいのかと考えるのです。
コツコツと決めていける人でないと、完成までの道のりの長さに疲れてしまうでしょう。

家は人生で一番高い買い物と言われています。せっかく家を建てるなら、自分のイメージ通りの家を建てたいもの。それには注文住宅がベストです。このコラムでは注文住宅のメリットと、費用を抑えるポイントを紹介していきます。